人工関節

人工関節とは、何らかの疾患によって関節の機能が損傷を受け、その機能を回復するために人工の材料を使って置き換える製品をいいます。

人工関節分野に進出するにあたり、1996年に人工股関節「ODCバイポーラシステム」の日本での販売を開始いたしました。2001年には人工膝関節「バランスド・ニー・システム」を発売し、現在の股関節と膝関節の関連製品の基盤を作って参りました。
人工股関節(Hip Joint)分野においては、2011年以降製品ラインナップを増強し人工股関節慢性疾患分野への本格参入を果たしています。
人工膝関節(Knee Joint)分野では、2004年より再置換にも対応可能なラインナップを導入しており、人工膝関節慢性疾患分野における多様な症例にも対応可能なシステムとして拡充を進めています。

人工股関節:Hip Joint Products

変形性股関節症・関節リウマチ・大腿骨頭壊死・大腿骨頚部骨折等の疾患に応じて、大腿骨頭および骨盤側を金属、セラミックおよびポリエチレンに置き換え、痛みを取り除くことにより機能を回復させます。

2014年以降からは、術式の変遷や日本人の骨格を考慮した開発も進み、「Ovation トリビュート ヒップステム」、「アルパイン ヒップステム」を発売、2018年には新たな表面コーティングを施した「レジェンド アセタビュラーカップ」2019年には「エントラーダ ヒップステム」を発売しています。

人工膝関節:Knee Joint Products

変形性膝関節症・関節リウマチ等の疾患に応じて、膝関節における大腿骨側と脛骨側および膝蓋骨を金属およびポリエチレンに置き換え、痛みを取り除くことにより機能を回復させます。

2015年からは、「バランスド・ニー・システム」の実績を踏襲した後継機種「BKS トライマックス」を発売し、順次ラインナップを拡充しています。また、術中に膝関節周辺にある靱帯組織のバランスを確認・調整するための周辺機器の充実も進めています。

脊椎固定器具

脊椎固定器具とは、脊髄や神経を圧迫している因子である椎間板や靱帯を取り除く手術を行うことにより、不安定となった脊椎を矯正・固定するために使用する器具をいいます。

2012年に米国子会社ODEV社製製品「Vusion OS インターボディCage」の販売を開始し、2014年に「Pagoda スパイナル システム」、「IBIS スパイナル システム」をラインナップに加えることで、主要な脊椎固定器具市場へ参入し順次ラインナップを強化しています。
また、販売提携により内視鏡視下脊椎手術システム等の最新の手術支援システムの導入を進め、脊椎疾患治療への対応を拡大しています。

脊椎固定器具:Spine Products

脊椎の骨折やヘルニア、すべり症等の神経症状を呈する症例で手術を行う際に、脊椎の椎体に挿入したスクリューをロッドで連結することで脊椎を固定するシステムです。

これまで術式の変遷に応じたラインナップを追加を進めています。2018年には新たな業務提携により、椎体形成術に使用するシステムの販売を開始し、2019年には頚椎椎弓形成術用インプラント導入を進めることで、製品ラインナップによる適応範囲を拡大しています。

骨接合材料

骨接合材料とは、骨折した骨の固定を行うための体内に埋め込む(インプラント)製品をいい、スクリュー、 プレート、髄内釘等があります。

高齢化が進むことにより骨接合材料市場は伸張することが想定される中、2010年から販売提携により「OM フェモラルネイル システム」を販売し、2012年には米国子会社ODEV社と「日本人の骨格を考慮したインプラント」をコンセプトに共同開発をした「MODEシリーズ」を販売し、順次製品ラインナップの改良・更新を進めています。

骨接合材料:Trauma Products(スクリュー&プレート)

骨折部に橋渡しをする様にプレートをあて、プレートに複数あるそれぞれの穴にスクリューを挿入して骨折部を固定することで、骨の癒合を促進する方法です。

2012年から発売の「MODEシリーズ」では、日本人のCTデータをベースに設計しています。特に骨折の頻度が高く、骨の 形状が様々な骨端部(関節付近)のラインナップに重点を置き、プレートとスクリューがロックするロッキングプレートを 採用し固定後の骨折部の安定性を向上しています。

骨接合材料:Trauma Products(髄内釘)

骨折した四肢(腕・足)の長い骨(長管骨)の髄腔に挿入して骨を固定する材料(インプラント)です。

髄内釘は、骨の髄内を通して骨折部を跨いだ両端に横止めスクリューを挿入することで、折れている骨の回旋や短縮等の動きを強固に固定することが可能です。
また、通常の手術では髄内釘と横止めスクリューの挿入部に比較的小さな傷で固定が可能で、骨折部を展開しないため骨の 癒合にも有利な方法であり長管骨骨折の治療方法として広く普及しています。

人工骨

骨折や骨腫瘍などで生じた骨の欠損部分に対してその隙間を埋めるための人工物です。
人工骨は主に骨の無機成分であるHAp(水酸アパタイト)をはじめとして、ヒトの骨と非常に酷似した成分で構成されており、経時的に骨と直接結合して骨と同様の働きを担います。
製品は欠損部の形状に合わせ易いペースト状の製品や、長期的に安定した成績が知られている焼結隊(固形状)の製品があります。

高齢化の進行により、骨粗鬆症の増加に伴う骨折の増加とともに今後の人工骨の需要は更に増すことが想定されています。
日本エム・ディ・エムで販売している人工骨は主に、日本特殊陶業株式会社で製造・供給されている製品です。
2005年より人工骨ペースト「プリマフィックス」、2009年より焼結体「プリマボーン」の販売を行っており、整形外科分野の他製品への相乗効果が期待されます。

人工骨補填材(骨ペースト)

骨折や骨腫瘍などで生じた骨の欠損部分の補填に使用します。

ペースト状なので、欠損部の形状に合わせて容易に形成が可能な製品です。また補填に際しては、高粘度(形成式)と低粘度(注入式)の調整が可能で、補填の部位や方法により術中に選択できます。

人工骨補填材(焼結体)

骨折や骨腫瘍などで生じた骨の欠損部分の補填に使用します。

焼結体(固形状)は、製法により、大気孔多孔体、多孔体、緻密体といった焼結体の密度(強度)が違います。この違いは それぞれの用途に応じて変えています。また、使用部位により顆粒、ブロック、スペーサー等の形状が選択可能な製品です。

2016年より、吸収性骨再生用材料として「セラリボーン」の販売を開始し製品ラインナップを強化しています。
2017年から優れた骨伝導能を有する「プリマボーン」に「セラタイト」を追加することで様々な形状から選択いただけるようになりました。
2019年には、株式会社カタリメディックとの販売提携により、インプラントとの併用を意図した製品「ラグタイト」の発売を開始しています。

当社は米国子会社Ortho Development Corporation社(以下、「米国子会社ODEV社」)と共同で「日本人患者の骨格体型に合致し、日本人医師ニーズを満たす製品の提供」というコンセプトで骨接合材新製品の開発、薬事承認を取得し販売を開始しました。この骨接合材料は「MODE」として販売されています。また、同社は2019年9月に創立25周年を迎えております。膝と股関節の完全な置換、外傷骨折の修復、脊椎治療のためのインプラントと手術器具を含む製品ポートフォリオでの実績を積みながら飛躍的に進化しております。