当社が取り組む課題

当社は、ESG活動を通して企業の社会的責任(CSR)を果たすと共に、
SDGs(持続可能な開発目標)に貢献します。

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2030年までに達成すべき17のゴールと169のターゲットで構成された持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。

サステナビリティ・アクションの体制

持続可能な成長のため、環境問題や社会問題を意識した経営と、ガバナンス体制の構築のため、サステナビリティ委員会を設置しています。

環境(E)
  • ① 社員一人一人が『環境保全のために自分にできること』を考え、年度目標を掲げて活動します。
  • ② リサイクル可能な物流資材に変更し、段ボールの削減、及びペーパーレス化に取り組みます。
  • ③ 本社ビルの照明は、LED照明を採用し電力消費量の削減に努めています。
  • ④ 社有車は、ハイブリッド車を採用し、エネルギーの削減に努めています。
社会(S)
  • ① 経営理念:最先端の優れた医療機器の開発を通じて、医療に貢献します。
  • ② 患者様に安心で安全な医療機器を提供
    • 高齢化社会において、増加する患者様のQOL向上を目的として、有効性・安全性の高い製品を提供します。
  • ③ 寄附金
    • 整形外科分野における医工学発展のため寄付活動を推進します。
  • ④ CMS:キャリア・マネジメント・システム
    • 『男女問わず活躍できる職場環境づくり』をスローガンとして、社員(本人)と上司の相互作用でキャリア形成をマネジメントする取り組みを推進しています。
    • 社内キャリアコンサルタントを配置し、社員が自由に相談できる仕組みを推進します。
  • ⑤ 多様性(ダイバーシティ・マネジメント)
    • 男女問わず活躍できる職場環境づくりの結果として、女性管理職比率の向上を目指します。
    • 外国籍の方、障がい者の方の採用を推進します。
    • 仕事と治療・介護・育児等との両立を可能とする各種人事制度、評価制度を整備します。
    • ハラスメントのない職場をつくります。

女性管理職比率推移

  • ⑥ 雇用確保
    • 非正規雇用者の割合を低減していきます。
  • ⑦ 人材採用に関する取り組み
    • CMS活動等を開示した採用活動に取り組みます。
    • 男女、性的指向を問わず興味が持てる求人内容を目指します。
  • ⑧ 労働安全衛生
    • 本社および東京商品センターに衛生管理者を配置し、安全衛生巡視活動を推進します。

派遣社員比率推移

ガバナンス(G)
  • ① コーポレートガナンスコードを遵守します。
  • ② リスクマネジメント
    • リスク管理委員会によるリスク分析をアクションプランにつなげます。
  • ③ コンプライアンス
    • 全社法令遵守、医療機器の公正競争規約の遵守に努めます。
  • ④ 医療機器業界における「透明性ガイドライン」に基づき支払資金の情報を公開します。
  • ⑤ 品質管理
    • ISO13485:ISO9001をベースに医療機器の安全性や品質を確保します。
  • ⑥ G-SCM
    • グローバル・サプライチェーンマネジメントの取り組みにより在庫の最適化と物流の効率化を目指します。

コーポレートガバナンス報告書